就留女、するめのその先に…!

就職留年を経験した社会人一年目です。ツイッターやってます。

会社員就留女のお弁当持参の心得

フルタイムで働き始めると、日々のお仕事の中で、盲点だが意外と重要なのは、

ランチタイム事情だろう。

 

社員食堂が整備されてる職場もあれば、

ビジネス街では特に、会社の近所でランチをする人もいる。

コンビニやお弁当屋さんで買い物をする人もいる。

 

人によってさまざまなランチ事情を抱えているのだろうが、

そんな中私が選んだのは、手作りお弁当の持参である。

f:id:brd1267:20200126202540j:image

 

写真はある日の私のお弁当。本物である。

 

お弁当を持参すれば、

コンビニやお弁当屋で買い物をする時間も、ランチをする店を選ぶ時間も短縮され、

昼休みを長めに楽しめる。

その上、何よりもお金が節約できる。

 

今日は会社員就留女として、日々のお弁当作りの心得を紹介していく。

 

 

無理に作らない。

早速、矛盾するようなことを言うが、大前提はこれである。

以前記事に書いたように、無理に毎日お弁当を手作りし、持参しようとすると、

家事の量が増えることになる。

仕事で日々余裕がなく、疲労困憊ならば、無理に作ることはない。

節約よりも、自らの心身の健康のために課金すべき。

実際、週5で持参している週はほぼないし、週4以上作れたらラッキーくらいの気持ち。

 

www.brd1267.com

 

休日に大量に作り置き。

平日におかずを作ったり、ご飯を炊いたりするのは、お弁当作りに負担を感じる大きな原因になりがち。

体力、気力のある休日に、大量に作り置きし、ご飯を炊いて冷凍保存しておけば、

効率も良い。

 

 

ミニトマト重宝

お弁当の隙間を埋め要員、彩り要員、栄養要員をすべて担うのが、ミニトマトである。

私のお弁当に9割型登場するくらい大重宝しているのだが、

お弁当をレンジで温める際は注意。爆発するので。

 

 

見た目は気にしない。

作るのは自分であり、食べるのも自分ひとりだけである。

人にお弁当を作るなら別の話だが、見た目が悪くても関係ないだろう。

料理のクオリティが低くても問題ない。

色どりや盛り方、栄養バランスが崩れていても、自己責任でしかない。

というか、毎回気に留めていたら、お弁当作りは続かない。

実際、私のお弁当は一面茶色の時も多いが、腹が満たされたら後は気にしない。

 

できるだけ前日に詰める

毎朝出勤前は誰もがバタバタである。

そんな時にお弁当を詰める時間など、作り出す方が至難の業である。

そこで、おかずは前日の寝る前にお弁当に詰めて冷蔵保存すると良い。

※感想しないように、しっかりラップするか、ふたを閉める。

※ご飯は基本冷凍保存のため、朝にチンするしかないが。

 

 

保冷材は貯めておく。

冬以外は、お弁当を冷やして持参しないと、かなりリスキーである。

そこで登場するのが保冷剤だが、お菓子屋さんでケーキを買うと必ずついてくるので、

それを捨てずに貯めて置くとよい。

※それ以外にも保冷剤をゲットできるタイミングはあるが。

 

 

上記のような心得で、わたしは日々お弁当作りをしている。

お弁当作りを始めた当初、多くの人に続くわけがないと言われたが、

なんと実際には8か月以上続いている。

 

 

軽い気持ちで、マイペースに始めてみてはいかが?