就活留年したら内定コレクターになったお話

就活留年した19年卒の女子大生です。4社内定。二度の就活経験について、学生・現場目線で記事を配信します。ツイッターやってます。

就活生の穴場!ハローワークに潜入してみた

関西の皆さんに朗報!!

就活生無料の、コンセントWi-Fi付きスペースを発見した!

 

 

その名は、大阪新卒応援ハローワーク

新卒就活生、そして、卒業して3年以内の既卒就活生が利用できる施設である。

 

(※今回は大阪の施設の紹介だが、全国にも同様の施設は存在する。ご了承ください。)

 

 

 目次

 

 

 

Twitterで大炎上!話題沸騰中!イッキに内定! 面接&エントリーシート[一問一答] 2020年度 (高橋の就職シリーズ)

 

アクセス

jsite.mhlw.go.jp

〒530-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル18階

阪急百貨店梅田店一階の前の大きな通路近く、SMBCのATMの横。

駅直結で、阪急、地下鉄、阪神、JRの駅の位置からしても、バランスが取れた場所であろう。

 

利用時間は、

月曜~金曜 10:00~18:30

土曜    10:00~18:00 (ただし求人関係業務はお休み)

日曜、休祝日、年末年始休み

 

 

 

 

オススメポイント

無料、コンセント、Wi-Fi付き。

厚生労働省管轄の施設のため、 利用は毎回無料

Wi-Fiは、受付で申し出てその都度パスワードを教えてもらうスタイル。

コンセントは、フリースペースにあり、1人3個くらい占領できるほど豊富

 

 

 

参考書籍コーナー

四季報、各業界に関する本、辞書、六法全書も置いてある。

業界研究や企業の情報収集に最適。

 

 

 

キャリア指導を受けれる

模擬面接(要予約)、ES添削をしてくれるし、相談にものってくれる。

キャリア指導員という視点から、指導してもらえるのは魅力的。

だいたい、学校のキャリアセンター以外で、専門的に就活の対策をしてくれる場はなかなか存在しない。

しかもここは、国が管轄するハローワークである。

そういった点でも、信頼できる施設である。

 

 

 

 

 

求人情報の検索、収集がしやすい

独自の求人検索システムシステムが完備されている。

しかもマイナビリクナビに掲載していない求人情報も多く扱っている

そして、企業パンフレット(持ち出し禁止)、Uターン就職情報の閲覧も自由。

 

 

 

パソコン貸し出し

webテストやESの作成にぴったり。

しかし受付丸見えの位置なので、遊んでたらすぐばれそう。

 

 

 

比較的空いてる

知名度が低いのか、フリースペースにはポツポツ人がいる程度。

某コーヒーショップとは大違い。

 

 

 

注意点

初回登録に一時間近くかかる。

初回登録の際、学生証、あるいは卒業証書が必要。

そして手書きで登録書類を書かされる。

希望する職種、給料、勤務地、職種、休日なども細かく聞かれる。

時間に余裕を持って行くべし。

 

 

 

登録カードの提示

表 

f:id:brd1267:20180508141722j:image

f:id:brd1267:20180508141724j:image

 

名刺サイズの、登録カードを提示することで、施設の利用が可能。

登録カードは、初回の登録後に渡される。

持ち忘れに注意。

 

 

初回説明が長い

登録の際、書類の記入が終わった後は、

使い方とか設備の説明を受けることになる。

たまたまかもしれないが、私を担当したおじちゃんは話が長かった。

 

 

 

静かではない

キャリアアドバイザーが指導してたり、

働いている人の業務連絡常に聞こえてくる。

やかましいほどでもないし、集中力が阻害されるほどでもないが、

シーンとした空間ではない。

 

 

 


ちなみに、、、

この施設の向かい側には、

大阪わかものハローワーク という施設もある。
35歳未満の求職者が無料で利用できるスペースで、

似たような設備が整っているという。

jsite.mhlw.go.jp

 

 

最後に、、、

現代の就活生にとってハローワークはあまり身近な存在ではないと思っていた。

それにしては敷居が低く、利用しやすい穴場であると実感した。

今回私が潜入したのは大阪の施設だったが、

全国にも同様の施設は整備されている。

とてもオススメできる施設である。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村