就活留年したら内定コレクターになったお話

就活留年した19年卒の女子大生です。4社内定。二度の就活経験について、学生・現場目線で記事を配信します。ツイッターやってます。

電話 への愚痴エピソードまとめ

まずはじめに申し上げる。

私は電話をかけて来られるのが好きでない

 

 

普段朝か夜しか家にいない生活で、

それ以外の時間帯は、移動、就活、バイトをしている。

しかも移動時間のほとんどは電車内におるため、

1日の中で、電話のしやすい環境下にいる時間帯が少ない。

 

そして、迷惑電話、詐欺まがいの電話も実際に混じる中、

知らない番号に対して応対をしなければならない。

 

 

しかし、就活の際、避けては通れないのが 電話 なのである。

 

そして、電話嫌いである性分、日々違和感を持つことが多い。

 

 

 

本日は

就活の際、電話を受け取る中で、違和感を抱いたことを述べていく。

断っておくが、悪口に満ちた内容になるため、もし気分を害されたら申し訳ない。

 

 

 

・内定の連絡を電話口で伝えてくる。
→私は、メールなど「字面」で大切な情報を伝えてほしいと思う。

なぜなら、字で書いてある方が後から何度でも見返せるため、

内定や面接の合格に対して実感しやすいからである。

電話とメールを併用してほしいと思った。

 

ちなみに現在の内定2社目はどちらも、電話口で内定を伝えてきた。

大切なことは、より気持ちや真心のこもる肉声で伝えたい というのもわかるが。
最先端技術を謳う企業でも電話の使用率が高いという古臭い部分があり、混乱してしまう。

 

 

 

 

・電話口で面接や説明会の日程、持ち物を伝えてくる。

→これもメールで送ってほしい。

あとから何度でも確認でき、日程持ち物に関して、正しい情報を得られるからである。

口頭では勘違いを引き起こしやすいのでは?

 

 

 

・電話を受け取ると、今お時間大丈夫ですか?って聞かれる。
→そもそも時間大丈夫やから出てるんやって。
大丈夫じゃなかったら出れてないって。

 

 

 

・夜遅くに電話口でイベント案内。

以前、夜22時半に、会社の電話ではなく、個人のスマホから電話してきた会社員がいた。
大手SIer企業の男性若手社員だった。

時間帯が非常識。しかもその時間まで仕事してるん?残業すごいね…

しかも個人のスマホから私に電話かけるって私の情報どこから手に入れた?怖すぎひんか。

その上重要度の低いイベント(自由参加のOBOG会)の案内。いや、メールでいいやん!!

 

 

 

・電話口で突然、説明会の案内。

電話に出れたとしても、予定を確認をできたり、メモを控えたりできる状況下であることは少ない。

なのに説明会の日程の案内をされても…

しかも、後でメールで案内をお願いしますと言っても、

この電話口でしか、申し込みできませんと返され、その場で結論を出すよう強いられた。

 

エントリーしている企業であればまだましだが、

未エントリーで興味のない企業からのケースならば、イライラはさらに増してしまう。

 

 

・宣言するだけの電話

「今から面接の詳細や日程についてメールで送りますよ~」という電話を受ける。

ただの宣言。

必要ないよね?!



・メールでの問い合わせを、電話で答えようとする

 

ある通信系の企業が面接の日時と詳細をメールで突然送ってきた。

身に覚えがなかったため、すぐにメールで問い合わせた。

急ぎでもない上、メールにはメールで返すのがいいだろうと思ったからである。

 

しかし後日電話を受け、

ご丁寧に説明と謝罪をされた。

 

別に急ぎでもないし、わりとどうでも良いから、

わざわざ電話を使わんといてくれ。

メールで良いだろう。

 

 

 

このようなわけで、私は就活においては、メール派である。

これからも私は電話と格闘し続けるだろうが、仕方なく、受け入れるしかない。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村