就活留年したら内定コレクターになったお話

就活留年した19年卒の女子大生です。4社内定。二度の就活経験について、学生・現場目線で記事を配信します。ツイッターやってます。

就留女、第一志望はまさかのES落ち?!

先日、さっそく第一志望の企業のES選考結果が発表された。

 

なんと・・・

 

不合格。

 

 

本日のコンテンツ

1.撃沈の就留女

2.反省点~これからES落ちしないために~

3、ポジティブな就留女

 

 

 

1.撃沈の就留女

 

事業と自分に共通点が多い上、

手書きエントリーシートに愛を込め、びっしりと多角的に自己アピールした。

我ながら自信はあった。まあ、ESは通るだろうと…

 

愛が深すぎた故にショックも大きい。

せめて落とすなら、面接してからにしてよん…(泣)

ES段階で落とされるのは悔しすぎる…

 

就留女は二度目の就活にして、順調にいくことが多く、最近は気苦労があまりなかった。

しかし、今回の件で、一度目の就活の時に感じた辛さをじんわりと思い出した。

 

一番自分の条件に合い、心からやりたい仕事が満載で、正真正銘の第一志望だったため、撃沈なうである。

 

 

 

なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?: 人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる

 

2、反省点

ESを添削してもらえばよかった。

いくら事業と自分に共通点があるとはいえ、ESの書き方や文章に問題があったのかもしれない。

就職アドバイザーなどの大人に、一度でも目を通してもらい、

自分だけではわからない、他人の視点から、意見をもらえばもっとましだったのかも。

 

 

企業について理解不足疑惑?

よく考えれば、

企業説明会では個別に質問をせず、企業についての新聞記事も読んでいなかったため、

今思えば知識不足だったのかもしれない。

 もしかしたら、自分にとってピッタリだと思っていたのも錯覚だったのかも。

 

もっと早く提出すればよかった。

私がESを出したのは、締め切り直前。一番応募が殺到する時間帯である。

そんなときに、わたしのESはじっくり時間をかけて読んでもらえるだろうか?

一回くらいなら死にはしないから、徹夜でもして、もっと早く提出し、もっとじっくりESを読んでもらえばよかった。

 

 

適社内定 ―「適性」から始めれば、就活はこんなに楽になる

 

 

3、ポジティブな就留女

落ちたのが今の時期でよかった。

まだ四月。今から路線変更しても、全力出したら大丈夫だろう。

一度目の就活に比べたら、圧倒的に今の方がまし!!!

 

目を覚ます機会になった。

心のどこかで、二度目の就活を甘く見ていたのだろう。

最近面接にたくさん行けてるし、ES落ちもほぼないし♪みたいな。

痛い思いをし、気合いを入れ直すことができた。

 

 

最後に…

今になって反省点がボロボロ出てくるほど、自分の甘さが祟った、今回のES落ち

反省点を今後しっかり活かし、これからも自分にとってピッタリな会社に行けるよう、日々努力を続けるだけである。

就留女の就活はまだまだ続く…!